ポイントサイト経由でFX口座を作るときの基礎知識・やり方。

初心者向け記事

ポイントサイトでFX案件はかなり大きなポイントが稼げるので興味のある方も多いでしょう。

しかし、FXをやったことがない。なんか怖い。という人のために最低限必要な知識をまとめてみました。

ポイントサイトからポイントをもらうための記事です。分かりやすさを重視していますので、いわゆる「トレードのやり方」とは異なります。

 

↓このバナーから登録できます。

そもそもFXとはなに?

自分の持っている通貨「日本円」を元手に外貨と交換(トレード)することです。

参加するには元手が必要なので銀行口座への入金が必要になります。

リアルタイムで変動する通貨の価値を見極めて、交換(トレード)していくことで利益を狙うものです。

始めるために必要なもの

ポイントサイト経由で利用するので、案件のページから申し込むことになります。

銀行口座を作らないとお金が預けられません。作るときに必要なのは本人確認書類(保険証や運転免許証)。そしてマイナンバー通知カードです。

2016年1月1日から口座を作るときにマイナンバーの提出が必須となりました。すでに口座を持っている人は後日、マイナンバーの提出が必要です。(提出期限は業者によって異なります。)
本人確認書類の提出をデジタルデータで出来る業者も増えてきました。スマホで撮影した画像データでもOKです。

口座を作ったら入金するお金が必要です。必要金額はポイントサイトの案件に条件が詳しく書いてありますのでよく確認してください。

FXを始めるために必要な知識。

トレードの専門用語で、「レバレッジ」と「スプレッド」という言葉をよく見聞きすると思います。

レバレッジとは

レバレッジとは預けたお金以上の取引ができる制度で、個人取引なら25倍までの通貨が取引できます。FX業者やコースによって違うので確認してください。

預けたお金よりも大きな金額が動くので大きな利益が狙えます。その反面、負けた時は大きな損失が降りかかってくるので、初心者にとってはリスクが高いです。

ポイントを稼ぐためのトレードなら、サービス案件の詳細に預ける金額と必要な取引量が書いてあります。ここに書かれている条件は一度に達成する必要はなく、トータルで達成できればいいので何回かに分けてトレードできます。

預けたお金にたいして大きな通貨量の取引が要求されている場合は、初心者向けではありません。

FX案件同士を比べたり、案件利用者のレビューを読むことで分かります。そういう案件は報酬が大きいですが手を出さないほうがいいでしょう。

スプレッドとは

スプレッドとは買値(ASK)と売値(BID)の価格の差のことです。

トレードとは企業の実需を除き、買いと売りがセットになった取引なので、買いから入っても、売りから入っても価格差の不利を受けます。このとき払う価格差がFX業者の利益になります。実質上の手数料です。

取引手数料や、口座維持手数料は無料なのが当たり前になりましたが、スプレッドは必ず発生するので案件申し込みの際は、どれだけの通貨量のトレードを要求されているのかよく見ておかないといけません。

トレードの通貨量は1万通貨を1ロットと呼ぶのが普通です。最近は1000通貨単位や、それ以下のトレードが可能な業者が出てきました。それでも基本的な考え方は同じです。スプレッドを通貨量で掛け算すれば計算できます。

例えば、ドル円のスプレッドが0.3銭と書いてあったら1万通貨(1ロット)のスプレッドは0.3銭の1万倍で30円となります。1万通貨の取引で30円払うことになります。

トレードのやり方

契約したFX会社の配布するトレード用のプログラムをダウンロードするか、ネット上のページへのログインが必要です。

具体的なやり方は、登録したFX業者の説明に従ってください。

口座を作り、入金を済ませて、チャートを開きトレードをする準備ができました。

具体的なトレードの流れを説明していきます。

通貨ペアの選定について

どの業者もいろんな通貨を取り揃えていて、どれを選べばいいか分からないと思います。

「ドル円」を選んでください。USD/JPYがドル円の通貨ペアです。

どの業者もスプレッドが安いのでドル円を選んでおけば間違いないでしょう。

売買から決済まで

ポイント目当てのトレードなら条件を満たすための注文が通った後、すぐにトレードを終わらせるのがオススメです。

注文方法は成行注文です。いま表示されているレートで取引する方法です。「売り」でも「買い」でもトレードをやめる時は「決済」で終了します。

ドル円を買ったんだから売れば元に戻るだろうと、売り注文を出してしまうと買いと売りのポジションが二つ並ぶことになります。間違えないようにしてください。

決済するまでの間もチャートは動き続けています。なるべく早く決済するために、どこを押せばいいのか前もって確認しておきましょう。

トレード自体の損益

自分にとって有利なトレードができれば利益。不利なトレードだったら損失となるわけですが、初心者がチャートを見たところで意味が分からないと思います。値動きがよほど上下に激しく動いてない限り、いつトレードしても問題ありません。土日を除いて24時間参加できるので無理だと思ったら見送りましょう。

スプレッドの損については説明しましたが、トレードそのものからも損失が発生します。損を少なくするために、なるべく短い時間でトレードを終わらせるようにしてください。

決済注文を出してから実際に決済されるまで若干のタイムラグが発生します。指定したレートとずれて注文が成立してしまうことを値が滑る(スリップ)ことから、「スリッページ」と呼びます。

決済だけでなく注文時にも滑ることがあります。大抵、損をするほうに滑るのでサービス案件を選ぶときには、ある程度の損を考慮して選びましょう。

終わってもすぐに出金しない

無事にトレードが終了しました。もうFX口座に用はないわけですが、ポイントが承認されるまでは預けたお金を動かさないようにしましょう。

FX以外の案件でもポイントが承認されるまで退会しませんよね。ポイントが付与されるまで待ちましょう。

ポイントがもらえたら出金です。ここで振り込み手数料がかかることもあるので最後まで気が抜けません。

一概には言えませんが、お金のやり取りはネット銀行が有利です。

ポイントサイト用に作っておくといいかもしれません。もちろん、ポイントサイト経由で作ってここでもポイントを稼ぎましょう。

きちんと理解して利用できれば稼げます

FX案件を利用するときには、口座への出入金の手数料、スプレッド、トレード自体の損益、注文時のスリッページなどで損をすることがあり、単純にもらえるポイントがまるまる儲けになるわけではありません。

それらの損を計算して、それでも利益が出そうならお得な案件といえます。

損の話ばかりしていますが、基本的にFX案件はポイントで儲かりますので安心してください。

クレジットカード案件とは違って信用情報に傷がつかないので、トレードのリスクを理解して利用できればおいしい案件です。正しく利用して稼いでいきましょう。

 

コメント