連休中のポイントサイト利用についての注意事項

初心者向け記事

8月に入り、そろそろ「お盆休み」を意識する時期になってきました。連休中はポイントサイトが休業状態になります。

ポイント交換と問い合わせ窓口が停止するので、早めの行動が必要です。注意点などについて書いていきます。

 

ポイントサイトの休業期間は?

お盆休みは、ほとんどの企業がお休みです。

業務停止中はポイント交換の申請はできても、交換自体は連休が終わってからになるので注意しましょう。

2019年8月10日(土)~2019年8月18日(月)までを設定しているサイトが多いようです。

13日~16日という表記のサイトもありますが、前後の土日祝日とつながるので、実質の連休は上記の日程になります。

連休前後はできれば避けたい

連休直前や、連休明けはポイント交換申請が集中するので、いつもより交換に時間がかかることもあります。

そういう事を防ぐためにギリギリで交換することは避けた方がいいでしょう。

申請してから数日程度の期間を設定しているサイトもあるので、ポイント交換を予定している方は、何日かかるかを逆算して余裕をもって行動しましょう。

案件についての問い合わせも注意

利用した案件についての問い合わせ窓口も、連休前後は混雑します。

問い合わせた内容の確認は、ポイントサイト運営と案件広告を出している広告主との、会社をまたいだやり取りとなります。

どちらか片方が連休に入っていれば、回答は連休明けになるので早めに行動したほうがいいです。

そもそも、問い合わせなくてもいいように案件利用前には「cookie(クッキー)削除する」等、基本的なことをしっかりとやっておきましょう。

具体的な方法は以下の記事で解説しています。

できるだけ連休の時期を避けて、ポイント交換や案件の問い合わせをするのが無難で安全だと思います。もし、何か用事があるのなら早めにやっておきましょう。

コメント