三国覇王戦記【宮城レベル18】までを解説

アプリダウンロード

ポイントサイトの案件、三国覇王戦記【宮城レベル18】までを解説していきます。

コインカムを利用しています。ポイント付与から交換まで問題なく利用できたので、興味のある方はチェックしてみてください。

 

注意

この記事はポイントサイトでもらえる、ポイントを稼ぐための情報です。

いわゆるゲームの攻略記事とは内容が異なります。ご注意ください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

案件詳細

承認条件:新規アプリインストール後、【30日以内に宮城をレベル18にアップグレード完成】

※条件達成目安:2週間程度

※インストール後「承認待ち」なし、条件クリア後直接「承認済み」でポイント還元いたします。

 

実際にやってみた結果、15日目に宮城レベルが18になりました。

量産型のよく似たゲームをやったことがあるので、今回は戦闘要素を少し頑張ってみました。

建設だけを重点的にやれば、2~3日くらいは短縮できる余地があると思います。

 

以前に記事を書いた「獅子の如く」と同じ会社のゲームです。

内容もよく似ていて、戦闘まわりのルール以外はほぼ同じ。

獅子の如くをやったことがあるのなら、攻略情報なしでも問題なく遊べますね。

この記事では、獅子の如くと違うところを中心に書いていきます。



資源が最優先

資源には「糧秣・金銭・鉄鉱」の3種類があります。

鉱山へ取りに行ける鉄鋼以外は、城内外の生産を待つか、イベントの報酬でもらえる、資源アイテムを集めるしかありません。

 

宮城レベルを建設優先で上げていくと、資源不足で建設が止まってしまうことがあると思います。

生産量を増やしても、すぐにまとまった量がもらえるわけではないので、初めから資源優先の考えで、ゲームを進めてください。

 

城内の農地・市場のレベルを上げ、研究は資源研究を優先して上げます。

私の場合は、糧秣よりも金銭が少なかったので、城外の土地確保は金銭を多めにしました。

イベントでもらえる天賦ポイントの割り振りも、糧秣より金銭・鉄鉱を先に上げました。

そのあたりの調整は、各自手持ちのアイテムを数えてからやってください。

安全資源・非安全資源

資源には2つの種類があり、攻撃されても奪われない「安全資源」と、他の領主に略奪される可能性がある「非安全資源」があります。

 

安全資源は、主城の収穫、資源アイテムの使用で獲得できた資源。

非安全資源は、城外の領土で獲得した資源、または他の領主から略奪したものです。

 

鉱山から採取した鉄鉱は、両方の資源が取れます。

今回、城への攻撃が一切なかったので、防衛する機会はありませんでした。

非安全資源が多いときは、連盟への寄付、兵士の訓練などで、ある程度使い切っておいた方が安全です。



兵種について

戦闘の相性が獅子の如くから変更されています。

歩兵→弓兵→騎兵→歩兵 という3すくみの関係になっています。

戦車はすべての兵種と同等で、他のプレイヤーの城を攻める時の城壁に大ダメージを与えます。

歩兵

荷重が最も高い兵種。

鉱山採集は、歩兵のみで編成すると、効率よく鉱石を持ち帰ることができる。

防御が高いので敵からの被害が少なくなる。

弓兵

攻撃力が一番高い。

防御力が低いので、有利兵種だけで戦っても、大きな被害を受けることがある。

騎兵

速度が一番高い兵種。マップ上の移動が速い。

ステータスはバランス型。

「徴兵令」というアイテムで簡単に増やせるので、騎兵メインで使っている人が多い。

バランスがオススメ

アイテムが配られている都合上、騎兵メインのプレイヤーが多く、マップ上で弓兵ばかりが余っている状態もあります。

余っている弓兵に特化した歩兵メインや、騎兵メインのプレイヤーに強い弓兵を増やすなど、遊び方はいろいろありますが、ポイ活で遊んでいる方はバランスよく訓練することをオススメします。

兵力上限に影響する、訓練所のレベルがそれほど高くないので、戦車を除いた3種の兵で被害が出ないレベルの敵を相手にするのが、資源消費が少なく遊べます。

完勝が出にくい

こちらに被害が一切出ない「完勝」が難しい調整になりました。

よっぽとの戦力差が無いと、有利編成でも少数の被害が出る「大勝」になるようです。

被害が少なくなるように、敵のレベルを調整して戦ってください。



編成について

マップ上で、倒したい敵軍を選択、「敵軍殲滅へ」を押す。

編成は、左下のボタンから目的に合わせた編成を選べます。

緑の文字が有利の兵種。赤い文字が不利な兵種です。

特定の兵種だけで編成したい時は、「編成」から兵種を選び、各兵種を混合した編成を組みたい時は、クイック編成でいいと思います。

例えば、土地の守備隊や南蛮部落などは、いろんな兵種が混ざっているので、こちらもクイック編成で混合部隊を組みます。

黄巾残党など、敵の兵種が1種類の時は、得意な兵種のみを編成して戦います。

任務について

毎日0時に更新される、デイリーミッションです。

目標は、活躍度700を毎日取ること。

700達成で元宝200がもらえるので、毎日集めていきたいです。

 

私は、3日目から活躍度700を達成できるようになりましたが、兵士の治療をフル活用してギリギリだったので、資源的には無駄遣いしていることになります。

ゲーム序盤はできないことが多いので達成できないですが、レベルを上げていけば毎日できるようになります。

主君審査

一定時間ごとに発生する「主君審査」

何がもらえるかを確認して、得をするようなら狙ってください。

ゲーム序盤は、短時間で終わるタスクが多いので楽に達成できます。

 

建築物レベルアップ完了は、建築時短アイテムが、2時間・4時間・6時間と、合計12時間分がもらえるので、毎回狙いたいです。

これも、ゲームプレイ10日目以降は、時間の短い建設がなくなっていくので難しくなります。

状況を見て、判断してください。

元宝の使い道

ゲーム内の課金通貨である「元宝」についてです。

確定で取れるのは、任務の活躍度700でもらえる200元宝です。

 

様々な使い道がありますが、基本的に時間短縮以外には使わないほうがいいでしょう。

時間合わせのために少量使うなら問題ありませんが、ある程度の手持ちがないと役に立ちません。

 

元宝消費イベントで、1000元宝消費して20時間分の時短アイテムを獲得できました。

1000元宝の消費先は、建設の時間短縮です。

基本的に貯めておいて、メリットのある時に使うのがいいと思います。

連盟に入る

ゲームを進めていると連盟に入れるようになります。

活発な上位の連盟に入ることができれば、有利に遊べます。

ただ、ルールの多い連盟に入ってしまうと、めんどくさいことも多いので、私は審査なしの連盟に加入しました。

ある程度のプレイヤーがいて、建築にヘルプしてもらえれば、特に問題なく遊べます。

南蛮部落への集結

レベル2までなら、1人で集結発起して攻撃できます。

獅子の如くと違うところは、1部隊だけでも行けるという点です。

 

レベル1の南蛮部落、7000人に対して、6045人で勝利できました。

軍事研究や武将の強さで変わると思いますので、いろいろと試してみてください。

やってはいけないこと

ストラテジーゲームにおいて、偵察は宣戦布告と同じです。

偵察任務があるので、やってしまう方がいるかもしれませんが、相手が格上だった場合、こちらが攻撃される可能性があります。

 

すでに確保されている場所の占領もよくないです。

土地・採取中の鉱山への攻撃など他のプレイヤーを邪魔するような行為はやらないほうが無難です。

目的はポイントをもらう事なので、余計なことをしないほうが楽に条件をクリアできます。

ゲーム序盤の遊び方

戦時要務に従って進めていけば、ゲームに対する理解が深まるようになっています。

資源をはじめとしたアイテムがもらえるので、どんどん進めていきましょう。

資源生産の少ない序盤は、戦時要務からの資源アイテムも貴重な収入源です。

任務はできるだけ

始めたばかりの時は、任務で活躍度を貯められないと思います。

これは仕方がないので、無理をせずにできる範囲でやってください。

 

負傷兵1000人治療で+5という任務は、最大で50ポイント稼げますが、これは毎日10,000人の負傷兵を出すという事なので、資源を大きく減らすことになります。

イベントもチェック

イベントを毎日チェックして、取れそうなアイテムがあれば狙ってみましょう。

始めたばかりの時はできる事が少ないので、無理をしない事。

レベルを上げて成長すれば、狙えるアイテムも増えていきます。

初心者保護

遊び始めてから48時間は、初心者保護が有効です。

他のプレイヤーに攻撃されない他、南蛮集結時の行軍速度もアップします。

48時間という制限以外には、特にレベル制限はないようです。

 

私は、マップの端(開始地点)で宮城レベルを18まで上げたので、城への攻撃はありませんでした。

戦闘については周囲のプレイヤー次第になるので、各自対応してください。

採掘の機能開放

宮城レベルが9になると、マップにある鉱山から鉄鉱を採掘できるようになります。

糧秣、金銭は城内で勝手に増えていきますが、鉄鉱だけはイベントの報酬を除き、資源地に取りにいかないと増えない資源です。

御殿レベル9以上の施設には、鉄鉱が必要になります。

レベルが上がるほど要求数が増えていくので、集めておきましょう。

 

鉱山にはレベル1「鉱窟」と、レベル2の「高級鉱窟」があります。

レベル2は競争が激しく、常に埋まっている状態だと思います。

レベル1の鉱窟でも必要数は稼げるので、毎日採掘をしていきましょう。

宮城レベル14

宮城レベルが14になると、分城を研究できるようになります。

この研究が終わると、自分の城を移動できるようになり、よりレベルの高い土地を確保できるようになります。

獅子の如くでは成果達成までが遠かったので、移動して資源を集めました。

三国覇王戦記は、2週間もあれば宮城レベル18が達成できるので、移動せずにレベルを上げました。

移動した場合、できる事が増えるため忙しくなります。

毎日長時間張り付けるなら、移動にもメリットがあるかもしれません。

宮城レベル15以降

私の場合、2日で1レベルのペースで、宮城レベルを上げていきました。

建設を時短で急いでも、資源が追い付かないため、ゆっくりやる方が楽です。

こういったやり方も、戦闘が少ないからできる方法だと思います。

まとめ

以上で「三国覇王戦記 宮城レベル18までを解説」の記事を終了します。

実際にやってみた結果、15日目に宮城レベルが18になりました。

承認待ちがすぐに付いて、9時間くらいでポイントが付与されました。

 

獅子の如くとよく似ていたので、違う事をやってみたいと考え、戦闘を少し頑張りました。

訓練施設を4種ともレベル13まで上げて、4等兵士で遊んでいます。

宮城レベルだけを考えたら寄り道になりますが、鉱窟への攻撃が何回かあったので、戦闘編成で採掘をしていました。

戦闘力が高いと、周囲からの妨害も減らせるので、結果良かったかなと考えています。

 

獅子の如くと似ているゲームなので、この記事で分からなかった方は、獅子の如くの記事をチェックしてみてください。

獅子の如くタグより、移動できます。6記事あります。

ゲーム内の用語が違う、戦闘のルールが一部異なる。などの違いがありますが、やってることはほとんど同じです。

コインカムを利用しています。ポイント付与から交換まで問題なく利用できたので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連記事

宮城レベルアップの前提条件と、必要な資源量をまとめている記事です。

後半から必要数が増えていくので、事前に把握しておいてください。

 

陥落、捕虜についての記事です。

陥落状態と捕虜のルールを説明しています。

コメント