天地の如く(Android用)城レベル22到達で19,000pt(1,900円)ポイントインカム

アプリダウンロード

ポイントインカムに無料ダウンロードアプリの案件が出ています。

この記事では天地の如く、城レベル23到達までを解説しています。

 

注意

この記事はポイントサイトでもらえる、ポイントを稼ぐための情報です。

いわゆるゲームの攻略記事とは内容が異なります。ご注意ください。

 

2020年7月28日ポイント獲得条件変更

 

案件詳細

こちらは、7/28以降にインストールされた方が適用になります。

城レベルの条件が23から22に変更されています。

このブログでは、城レベル23までを解説していますので、間違えないように注意してください。

レベルが1下がりましたが、やることはほとんど変わりません。

 

アプリダウンロード後、城レベル22到達で成果。

初回ご利用のみポイント対象になります。

所要日数:2週間程(プレイ時間により変動がございます)

 

実際にやってみた結果、24日目に城レベル23を達成できました。

資源収集が何よりも大事です。毎日ある程度の時間を確保できない方は、城レベル23まで1ヶ月以上かかるので、この案件をやらないほうがいいと思います。

天地の如くとは

三国志を舞台にしたストラテジーゲームです。

過去に記事を書いた、「獅子の如く」と同じ会社のゲームですね。内容が似た部分も多いです。

アプリのリリース時期は天地の如くの方が先になります。

資源集めが大事

時間短縮のアイテムがかなり集まるので、計画的に使えば建築時間の長さはそれほど問題になりません。

ただ、建築レベルアップに必要な資源がかなり多いので、資源をいかに集めるか?が重要です。

難しい作業はないが、手間と時間がかかるという事です。

戦闘はほとんど発生しない

天地の如くは戦争をするゲームなのですが、攻撃されることはほとんどないです。

そのためバリアなしでも最低限の自衛をしていれば、普通に遊べます。

 

私はこのゲームを1か月程度遊びましたが、1回だけ城を攻撃されて、持っていた資源と兵士がゼロになりました。

その時から城の位置は変わっていませんが、2度目の襲撃はありません。戦闘の頻度はそれほど多くないです。

毎晩寝る前に兵士を逃がしていれば、バリアなしでも問題なく遊べるでしょう。

兵士の逃がし方

マップに上画像のような建物があります。

 

この建物に兵士を送って探索させることで、兵の避難所として使用できます。

帝陵の中にいる部隊は攻撃を受けません。

 

帝陵にも消滅までの時間が設定されているので、残り時間に注意してください。

探索できるのは最大で8時間までです。

金鉱山収集

帝陵に送れる部隊は1つまで。

兵士が多すぎて、1つの部隊ですべての兵士が入りきらなかったときは、金鉱山へ兵士を送って金貨の収集をさせます。

金鉱山は、収集速度が1時間で1。収集ブーストが無効です。

そのため、金貨を取り切るまで1日以上かかりますが、城に兵士を置いておきたくない場合は便利です。

 

帝陵は攻撃されませんが、金鉱山は攻撃対象になります。

資源地攻撃(タイルキル)は滅多にありませんが、もし攻撃された場合は諦めるしかありません。

城への攻撃よりは確率が低いので、城を空っぽにしておく方法をオススメします。

総覧で管理する

ゲーム画面の左端に、上画像で赤丸で囲ったようなマークがあります。

タップすると、総覧を呼び出すことができて、やるべき行動を一覧表示できます。

 

基本的に総覧と、画面下にある任務を見ながらゲームを進めていきます。

時期によって内容が変わりますが、イベントも毎日チェックしてください。

連盟(ギルド)について

連盟(ギルド)は、加入するといろいろなメリットがあるので、入ったほうがいいです。

サブアカウントを作っている人がかなり多いので、まともに動いている連盟を探すのに苦労します。

加入する際、レベルが条件になっている場合があるので、ある程度成長してから入ったほうがいいでしょう。

連盟を渡り歩いて、自分に合ったギルドを探すのは普通の事なので、合わないと思ったら脱退して、次を探しましょう。

 

連盟加入後の移動についてですが、マップの中央への移動はリスクが高いと考えています。

戦闘が少ないとはいっても、マップの中央あたりはレベルの高い城が密集しているので危険です。

マップ中央と辺境の間くらいで、資源地レベル3~6の資源を集めるのが無難だと思います。

君主スキル

君主(プレイヤー)レベルが上がると、スキルポイントがもらえます。

ポイントは、戦闘・発展・補助カテゴリーに割り振ることができます。

基本的に資源生産に関係のある発展カテゴリーに割り振っていきます。

 

戦闘の最初にある「部隊の耐荷重」と、補助の「野外敵兵攻撃Ⅰ」は5ポイントで役に立つので、振っておいてもいいでしょう。

放浪商人

城レベルを上げていくと、放浪商人がやってくるようになります。資源や金貨でアイテムを購入できます。

持っている資源をアイテムに交換して、奪われる資源の量を減らせます。

放浪商人は2時間後にいなくなります。ある程度の時間が経過した後、建造の速度アップ・兵士の訓練・野外敵兵の退治などの行動で、またやってきます。

 

ラインナップはランダム。割引なども設定されるので、いいものがあれば確保しておきたいです。

無料で5回まで商品を更新できます。さらに5回更新できますが金貨が必要です。

 

資源で交換できるアイテムで必要なものがあれば購入していきます。

金貨を使わず、資源消費だけで購入することをお勧めします。

購入例

持っている資源をアイテム化できるメリットがあるので、木材・糧秣が資源で交換できる場合は割引関係なく全部購入。

鉄鉱と宝石は、不足しないので購入しません。

 

加速アイテムは、「加速碑」「建築加速碑」を資源で確保。

「技術の研究加速碑」は、上級進軍隊列の研究が終わっていれば必要ないです。

 

増益アイテムは、「伐採場増産」「農地増産」「鉄鉱場増産」「宝石採掘場増産」を資源で購入。

木材と糧秣は、毎日10個消費するので、見つけたら必ず確保してください。

鉄鉱と宝石は、手持ちのアイテムを見ながら、買いすぎないように調整します。

 

その他では、君主経験値を資源で購入。

レベルアップして君主スキルのポイントが欲しいので、見つけたら割引関係なく購入します。

 

基本的に放浪商人で金貨は使いません。

資源購入だけで必要なアイテムは集まります。

毎日任務

毎日任務の任務一覧でポイントを稼ぎ、自分の活躍度を500にすることを目標にしてください。

城レベルが低いとできないことも多いので、無理なく狙えるものだけを消化していきます。

 

活躍度と任務のクリア状況は、0時にリセットされます。

活躍度500でもらえるアイテムは、君主の経験値・金貨50・高級募集券・神秘な箱・紫の武将魂です。

武将の役割について

武将には3つの役割があって、戦争・発展・補助となっています。

戦争は戦闘用の武将。発展は資源収集用の武将。補助は部隊の訓練速度と、負傷兵の回復速度です。

 

城レベルを上げていくために、一番重要なのは発展属性の武将です。

資源収集スキルを持つ武将は、資源収集のみを担当させます。

 

昇格で星が増えていれば、軍団の兵種が選べるようになっているので、輸送車・櫓などの耐荷重の高い兵種に変更します。

攻城櫓などを設定して、できるだけ多くの資源を運べるようにしておきます。

 

収集加速碑を放浪商人で資源と交換してあるなら、使っておきましょう。

資源の収集速度が50%アップします。24時間効果があるものがオススメです。

水車の武将設定

水車から生産量の詳細と、武将の任命ができます。

最初は武将の人数が足りていないと思いますが、資源増産だけでも設定しておいてください。

武将が揃ってきたら、他の施設にも設定していきましょう。

 

ガチャでいい武将が出れば入れ替えていきます。

資源増産は、発展属性の開墾スキルを持っている武将がオススメです。

 

資源増産のアイテムは、水車からまとめて使うのが楽です。

すべての生産施設に対して、一度に使えるように調整できれば、アイテムの使い忘れを減らせます。

チュートリアルを進める

ゲーム開始時からチュートリアルが始まります。

ストーリー(章)を進めながら、ゲームのルールを理解でき、アイテムがもらえます。

基本的に書いてある通りのことをすれば問題ありません。

 

第六章の資源援助は、資源を送った瞬間にクリアとなるので、すぐに召喚アイテムで呼び戻せば時間もかかりません。

 

終章の「先帝試練に3回耐えた」だけは、ギルドで時間を合わせてやるイベントなので、環境によってはクリアできないと思います。

城のレベルアップと直接関係ない要素なので、未クリアで放置しても問題ないでしょう。

空地の建築配分

城内の空地に生産施設を建築できます。

すべてを最大まで建設できないので、上画像のような配分がオススメです。

伐採場・農地を最大の10まで増やし、鉄鉱場は8で最大数。

宝石は余った土地に建てます。

 

宝石採掘場だけ3つ足りませんが、医館や徴兵所も最低1つは必要なので、これ以上は増やせません。

宝石は必要な量が少ないので、この施設数でもなんとかなります。

 

生産された資源は10時間でいっぱいになるため、それまでに受け取ってください。

受け取らずに10時間が経過すると、それ以上増えません。

 

放浪商人で増産のアイテムを集めておいて、常に発動している状態を目指してください。

発動中は生産量が2倍になるので、商品のラインナップはしっかりとチェックしておきましょう。

神獣について

城レベル16になると、神獣祭壇が解放され、神獣「白沢」を獲得できます。

 

神獣祭壇に白沢を鎮守させることで、内政のブーストが上がります。

このブースト効果が、かなり強力なので、ゲーム内で入手した金貨は神獣の育成に使います。

神獣の育成

毎日5回まで無料で育成できます。

育成回数10回ごとに会心の一撃が出るので、育成は10回ごとに考えます。

育成は金貨5から始まり、1回増えるごとに1ずつ増えていきます。

 

まずは10回育成したいので、一番安い最初の5回は金貨で育成。残りの5回を無料で育成。

無料の育成を含めて10回は、毎日必ず育成します。

1回目の会心の一撃効果を取ってから、次の10回で何倍の効果が出るかチェック。

 

会心の一撃の効果は、最低10倍。多いときは50倍というものがありました。

半分以上の25倍より上であれば取る。という具合にルールを決めて育成します。

倍率が高ければ「10回育成」ボタンを押して育成します。

手持ちの金貨にも限りがあるので、倍率の低いときや、金貨の足りないときは明日以降に育成します。

上級進軍隊列の研究

城レベルが20になったら、兵法研究で「上級進軍隊列」を進めていきたいです。

城レベル23までに必要な資源は膨大で、資源採集できる部隊は1つでも多いほうがいいです。

 

上級進軍隊列は、大使院レベル20が必要で、兵法研究を無駄なく進めても、かなりの資源を必要とします。

研究が終わると、資源採集できる部隊数は4つになります。

極速収集の解放

君主レベル30くらいで極速収集を解放できます。

前のスキルをどれか一つ最大に出来ればいいので、一番不足する木材に優先してポイントを振りました。

 

極速収集の効果は、アクティブスキルを使用すると、資源の収集速度を100%アップし、2時間継続します。

 

放浪商人で経験値をこまめに買っていれば、レベルが上がりやすいので、見かけたら資源で買っておきましょう。

効果は2時間だけなので、急いで育てる必要もありませんが、あると便利なスキルです。

22日目に会員4になる

会員とは、他のゲームで言うところのVIPレベルの事です。

毎日ログインしているとポイントが貯まって会員レベルが上がっていきます。

会員4になると、進軍部隊が+1となります。

上級進軍隊列が終わっていれば、合計5つの部隊で資源収集ができるようになります。

城レベル22でスキル見直し

城レベルが22になると、城レベル23に必要な資源がすべて表示されていると思うので、手持ちのアイテムなどを確認します。

木材・糧秣は最後まで集めることになりますが、鉄鉱・宝石は早い段階で集まっていると思います。

もし、鉄鉱が集まっていたら君主スキルのリセットをして、ポイントを振りなおします。

 

鉄鉱系のポイントをゼロに。

木材・糧秣系を最大にします。

それでもポイントがあるなら、極速収集の先にある建造加速Ⅱを最大まで上げます。

これで城レベル23の建築時間をある程度減らせます。

 

ここまでやったら、後は必要な資源を集めるだけです。

必要な資源量はかなり多いですが、ここまでたどり着いた方なら問題ないでしょう。

資源を集めている間に、放浪商人で時間短縮を集めておいたので、建築開始してすぐにアイテムで即完了できました。

ゲームを初めてから24日目に城レベル23を達成できました。

まとめ

やり始めた時は、もっと早く終わると予想していました。

資源生産量をもっと増やしておけばよかったと思っています。

 

資源集めがきつかったので、時間のない方は避けたほうがいいです。

ある程度余裕のある方で、やってみようという方は挑戦してみてください。

関連記事

城レベル23達成時の各種データがまとめてあります。

必要な資源をどうやって集めるか参考にしてみてください。

 

攻撃された時どうなるか?戦闘に備えて何をすればいいか?が書いてあります。

周りの環境、他のプレイヤー次第で攻撃されることはあります。

最低限の自衛はやっておいた方がいいでしょう。

 


ポイントインカムはお得なキャンペーンで案件利用のポイントを大きく増やせる、稼ぎやすいポイントサイトです。

一度上がったら下がらない「会員ランク制度」や、1000円以上の交換毎に参加できる「インカムキャッチャー」など、豊富な手段でポイント獲得を目指せます。

コメント