ドラゴンスケープス レベル26到達までを解説

アプリダウンロード

ポイントサイトの案件、ドラゴンスケープス【レベル26到達】までを解説していきます。

コインカムを利用しています。ポイント付与から交換まで問題なく利用できたので、興味のある方はチェックしてみてください。

 

注意

この記事はポイントサイトでもらえる、ポイントを稼ぐための情報です。

いわゆるゲームの攻略記事とは内容が異なります。ご注意ください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

案件詳細

承認条件:新規アプリインストール後、【レベル26】到達

※条件達成目安:2週間程度

 

実際にやってみた結果、8日目にレベル26になりました。

頻繁にログインが必要です。普通に遊んだら10日以上かかると思います。

資源について

畑から取れる資源

小麦・トウモロコシ・サトウキビは簡単に量産できます。

これらを素材に作れる、小麦や黒砂糖なども作りやすいので、余裕のあるうちに貯めておいて、掲示板などの依頼で使っていきたいです。

マップ上から取れる資源

エナジーを消費して入手できる資源です。

石・木材・大きな葉が入手しやすく、これらを材料に作る、粘土・木塊・整った葉は使う機会が多いですね。

入手にはエナジーを使うので、メインクエストか掲示板などで必要な資源を確認してから、計画的に集めていきます。

ドラゴンが採取する資源

リンゴ・バナナ・レモンが比較的、入手しやすいです。ドラゴンのスタミナが無いと集められません。

ドラゴンは、採取可能ポイントからランダムに資源を集めるので、狙っている資源があるなら、ドラッグで誘導する必要があります。

島の攻略が進めば、ドラゴンの種類・数も増えるので、安定すると思います。



メインクエストを進める

左下のアイコンからメインクエストをチェックできます。

メインクエストは破棄できないので、入手しにくい資源はここで使いたいですね。

 

「掲示板」や「ヘリコプターの注文」は、難しいものを避けて破棄していきます。

ヘリコプターは内容が難しいなら、1つも資源を乗せずに送り出すこともできます。

箱をいっぱいに出来れば、コインと経験値を獲得できるので、簡単なものだけ使っていきましょう。

 

イベントはエナジーの消費が多く難しいので、家と島の攻略のみを進めていきます。

島の建造物

島の設備

島の設備は、「鉄の精錬所」か「鍋」まででいいと思います。

鍋は、「レッドフルーツのジャム」と「アロエジュース」のコストが高いので、家の鍋を使うよりも、島の鍋を使ったほうが安いですね。

家の鍋は、すべての種類に対応してるのが利点です。

島の植物・建造物

リンゴの木などの植物はコインが足りているなら、すべて植えます。

ドラゴンで何度か採取したらなくなるので、植えなおしてください。

土地もレベルアップで増やせるので、最大まで並べます。

 

ドラゴンの家をはじめとした建造物は、特に必要なかったです。

強化センター、研究所なども使いにくいので、建てないほうがいいでしょう。

装飾系のアイテムも必要ありませんでした。



フェンスの整理

花びらを消費して、フェンスのツタを掃除できます。

 

掃除したフェンスは自由に移動できます。

 

インベントリに移動できるので、設置スペースに困っているなら収納しましょう。

ダイヤの使い道

工場の枠を増やすために使うのがいいでしょう。

パン屋さん・製糖工場など、よく使うところを優先します。

製作系なら、鍛冶屋とウッドカッターですね。

 

あとは、マップの攻略でドラゴンが必要になったときに、1匹だけダイヤで回復して、目的までドラッグで誘導しました。

島の攻略について

イベントの島は無視します。「花の島」も手を付けませんでした。

島の攻略でドラゴンが増えていくので、花びらがあるなら数を増やしておきます。

 

新しい島に行くと、古い島が24時間で入れなくなりますので、取り残しに注意。

タップできるアイテムや、鍋に入れられるフルーツやアロエなど、すぐに取れる位置にあるなら集めておきます。

新しい島に進めるようになった時点で、イベントは終わっているはずなので、そこまで神経質にならなくてもいいです。

まとめ

こまめにログインして、8日目にレベル26になりました。

条件達成後、24時間でポイントが付与されました。

1時間以下の頻度でのログインが必要なので、忙しい方には向いていないと思います。

 

集めた資源と、エナジーを使って効率よく経験値を集めるゲーム。

資源管理とクエスト内容の吟味が重要です。

 

コインカムを利用しています。ポイント付与から交換まで問題なく利用できたので、興味のある方はチェックしてみてください。

コメント